読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

takafumi blog

日々の勉強メモ

【Play Framework】 PlayFramework最新版をインストール

Play Framework Scala

環境   Play Framework 2.4.6 CentOS7.0

インストール

java,javacがなければ、インストールしておく。

$ # インストール
$ cd /usr/local/src
$ sudo wget https://downloads.typesafe.com/typesafe-activator/1.3.7/typesafe-activator-1.3.7-minimal.zip
$ sudo unzip typesafe-activator-1.3.7-minimal.zip
$ sudo chmod +x activator-1.3.7-minimal/activator

$ # コマンドをショートカットで作成
$ cd /usr/local/bin
$ sudo ln -s ../src/activator-1.3.7-minimal/activator .

$ # 確認
$ activator -h
Usage: activator <command> [options]
...<省略>


アプリケーションを作成

$ activator new myapp

Fetching the latest list of templates...

Browse the list of templates: http://typesafe.com/activator/templates
Choose from these featured templates or enter a template name:
  1) minimal-akka-java-seed
  2) minimal-akka-scala-seed
  3) minimal-java
  4) minimal-scala
  5) play-java
  6) play-scala
(hit tab to see a list of all templates)
> play-scala
OK, application "myapp" is being created using the "play-scala" template.

newすると、テンプレートを選択する。 activator new myapp play-scala のようにすれば、ワンライナーでテンプレートを選択できる。


アプリケーション実行

$ cd myapp
$ activator run

これでhttp://<ホスト名>:9000 にアクセスする事で、サンプルページにアクセスできる。 f:id:takafumi-s:20160111231303p:plain


おまけ:Vagrantで動かす

ポートをフォワードする必要がある。 Vagrantfileに以下を記述

Vagrant.configure(2) do |config|
  config.vm.network :forwarded_port, host: 9000, guest: 9000
end

これで`http://127.0.0.1:9000`にてアクセス可能。