takafumi blog

日々の勉強メモ

【Linux】 partedでパーティションの拡張

環境   archlinux 4.10.6-1-zen

既に作成済みのパーティション拡張。
ファイルシステムext4
archlinux以外でも対外似たような感じだと思う。

1. bootディスクを使ってシステムを起動。

この時はarchlinux-2017.04.01-x86_64.isoを使用。

2. paretedでパーティション拡張

# parted
(pated) p // 現在のサイズを確認

Number  Start  End        Size       Type     File system  Flags
 1      100s   20000000s  40000000s  primary  ext4

(parted) resizepart Number 100%
// Numberは上記のもの。

3. ファイルシステムの整合性チェック

# fsck -f /dev/sdaX    // パーティション変更したファイルシステム指定

4. ファイルシステムの拡張

# resize2fs /dev/sdaX size  // sizeは未指定だと最大になる

5. fstab更新

// 既存の設定でmount
# mount /dev/sda3 /mnt
# mount /dev/sda1 /mnt/boot
# swapon /dev/sda2

// fstab更新  
# genfstab -U /mnt >> /mnt/etc/fstab

6. 再起動

ブートディスクをumountして再起動。

【Docker】 docker toolboxでdockerとvagrantを共存

環境  Windows 10 VirtualBox 5.1.12 Vagrant 1.8.7 docker 1.13.1

壮絶に勘違いしていた事。

Windowsで現行Dockerはdocker for windowsしかないと思ってたorz

普通にdocker toolboxとかあるんですね。

docker for widows docker toolbox vagrant
仮想化方式 Hyper-V VirtualBox VirtualBox/Hyper-V
VirtualBoxとの共存 x o o / x
Hyper-Vとの共存 o x o / x
  • Vagrantはprovider選択でHyper-Vを選ぶ事が可。
  • ただしWindowsHyper-VのサービスをONにすると、Hyper-V以外のVirtualBoxは使えなくなる。
    なので実際にはどちらか一方を選択という事になる。

docker toolboxは結局VirtualBox上にホストを立てるので、Vagrant上のVirtualBox上でやってもあまり変わらない。 しいて言うなら一枚中間が少なくなって、dockerコマンドがCMD上から使えるが、Linux使いだとCMDでdockerコマンド使えてもそんなにうれしくない気がする。

f:id:takafumi-s:20170218135432p:plain

【Selenium】 【Node.js】独自なwait()条件を作る

環境   Ubuntu 16.04 Selenium Standalone Server 3.0.1

const webdriver = require('selenium-webdriver');
const promise = require('selenium-webdriver/lib/promise').Promise;
const driver = new webdriver.Builder() // オプション省略

let cond = function(val) {
    return new webdriver.Condition(
        "something message.",
        /**
         * @return {!ManagedPromise<T>}
         */
        function(driver){
            return promise.resolve(val);
        }
    );
}
driver.wait(cond(true), 60000);
  • ちなみにdocument.readyState == 'complete'を条件にするwait条件をつくりたかったのだが、webdriver.get()webdriver.click()はデフォルト対応しているらしい。 そしてajaxには無用・・・orz
  • 更にちなみに、一応以下のような感じ。テスト実施しているブラウザで、document.*みたいなのを使いたいときには参考になるかも。
let cond = new webdriver.Condition(
    "something message.",
    function(driver){
        return driver.executeScript('return document.readyState').then(r => {
            return r == 'complete';
        })
    }
);

【Selenium】 エラーがでたらまずdriverを更新する

環境   Ubuntu 16.04 Selenium Standalone Server 3.0.1

$ mocha test.js

// 略
WebDriverError: unknown error: Runtime.executionContextCreated has invalid 'context': {"auxData":{"frameId":"16896.1","isDefault":true},"id":1,"name":"","origin":"://"
}

// stack trace

みたいのが延々と出て悩む。

$ node test2.js

みたいのは平気だったので、スクリプトの問題かと思って、また延々と悩む。

結局chromedriverを最新(2.27)に更新したら、サクッと直りました。 まずは悩む前にdriver更新しなさいという教訓。

【Ubuntu】 サーバーイメージにX Window Systemインストール

環境   Ubuntu 16.04

  • サーバーイメージだとxorgがないのでインストール
$ sudo apt-get -y install xorg xserver-xorg
  • 起動
$ startx
  • xeyesとかで確認してみる。

  • 終了

$ exit

【Scala】【ScalikeJDBC】 Config設定方法

環境   Scala 2.11.8  ScalikeJDBC 2.5.0

  • 基本的にはこの内容 Configuration - ScalikeJDBC

  • scalikejdbc-conifg, application.confは設定方法によって必要

  • build.sbt

libraryDependencies ++= Seq(
  "org.scalikejdbc" %% "scalikejdbc"        % "2.5.0",
  "org.scalikejdbc" %% "scalikejdbc-config" % "2.5.0",
  "mysql" % "mysql-connector-java"          % "6.0.5",
  "ch.qos.logback"  %  "logback-classic"    % "1.1.7"
)
  • src/main/resourcese/application.conf
development {
  db {
    sandbox {
      driver="com.mysql.cj.jdbc.Driver"
      url="jdbc:mysql://localhost:3306/test"
      user="sa"
      password=""
    }
  }
}
/**
 * ConnectionPool config sample
 */
package main.scala.com.example

import scalikejdbc._
import scalikejdbc.config._
import com.mysql.cj.jdbc.Driver

object Db1{

  /**
   * Pattern 1
   */
  def ex1 = {
    // Initialize
    ConnectionPool.singleton("jdbc:mysql://localhost:3306/test", "sa", "")

    implicit val session = AutoSession

    // Query
    val r = sql"""select * from a""".map(_.toMap).list.apply()
    println(r)
  }

  /**
   * Pattern 2
   *   necessary import scalikejdbc.config._
   */
  def ex2 = {
    // Initialize
    Class.forName("com.mysql.cj.jdbc.Driver")
    val settings = ConnectionPoolSettings(
      initialSize = 5,
      maxSize = 20,
      connectionTimeoutMillis = 3000L,
    validationQuery = "select 1")

    ConnectionPool.add('example, "jdbc:mysql://localhost:3306/test", "sa", "", settings)

    implicit val session = AutoSession

    // Query
    val r = NamedDB('example) readOnly { implicit session =>
      sql"""select * from a""".map(_.toMap).list.apply()
    }
    println(r)
  }

  /**
   * Pattern 3
   *   necessary import scalikejdbc.config._
   *   necessary main/resources/application.conf
   */
  def ex3 = {
    // Initialize
    DBsWithEnv("development").setup('sandbox)
    // addで別の設定を追加する事も可能

    implicit val session = AutoSession

    // Query
    val r = NamedDB('sandbox) readOnly { implicit session =>
      sql"""select * from a""".map(_.toMap).list.apply()
    }
    println(r)
  }
}