読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

takafumi blog

日々の勉強メモ

【Vagrant】 Vagrant + VirtualBox で仮想環境を構築

Vagrant

環境  Vagrant 1.8.1 VirtualBox 5.0.12

Vagrantを使った、基本的な仮想環境作成。

ホスト:Windows 10
ゲスト:CentOS 7.1


ホスト側の事前作業

の最新版を公式からDLし、インストールしておく。


ベースとなるOSのイメージ『box』を追加

ベースとして様々なboxイメージが配布されているが、一番無難で安全そうなChef社のbento organizationからboxをダウンロードする。

bento | Atlas by HashiCorp

【参考】 blog.chopschips.net

PS> vagrant box add bento/centos-7.1
==> box: Loading metadata for box 'bento/centos-7.1'
    box: URL: https://atlas.hashicorp.com/bento/centos-7.1
This box can work with multiple providers! The providers that it
can work with are listed below. Please review the list and choose
the provider you will be working with.

1) parallels
2) virtualbox
3) vmware_desktop

Enter your choice: 2
==> box: Adding box 'bento/centos-7.1' (v2.2.2) for provider: virtualbox
    box: Downloading: https://atlas.hashicorp.com/bento/boxes/centos-7.1/versions/2.2.2/providers/virtualbox.box
    box: Progress: 100% (Rate: 1465k/s, Estimated time remaining: --:--:--)
==> box: Successfully added box 'bento/centos-7.1' (v2.2.2) for 'virtualbox'!

途中で

1) parallels
2) virtualbox
3) vmware_desktop

Enter your choice: 2

と聞かれるので、VirualBoxを選択する。
これでイメージがダウンロードされる。

現在のbox一覧を確認したいときは

PS> vagrant box list
bento/centos-7.1 (virtualbox, 2.2.2)


Windows上のディレクトリ

Vagrantのboxファイルなどは
C:\Users\<ユーザー名>\.vagrant.d
にある


boxのリネーム

boxのリネームは、実ファイルをリネームするだけ。
vagrantコマンドで表示されるものも変更される。
Windowsだとboxのあるディレクトリは

C:\Users\<ユーザー名>\.vagrant.d\boxes\

この下にあるboxファイルをリネームすればよい。


Vagrantfileを作成

ホスト側のVMを作りたいディレクトリに移動。
ここではC:/Users/<ユーザー名>/VirtualBox VMs/CentOS7.xとする

以下のコマンドを実行。
vagrantを実行するための設定ファイル、Vagrantfileが作成される。

PS> vagrant init <box名>
A `Vagrantfile` has been placed in this directory. You are now
ready to `vagrant up` your first virtual environment! Please read
the comments in the Vagrantfile as well as documentation on
`vagrantup.com` for more information on using Vagrant.


Vagrant起動

Vagrantfileを作ったディレクトリで以下のコマンドを実行すると、VMが自動で作成される。

PS> vagrant up
Bringing machine 'default' up with 'virtualbox' provider...
==> default: Checking if box 'bento/centos-7.1' is up to date...
==> default: Clearing any previously set forwarded ports...
==> default: Clearing any previously set network interfaces...
==> default: Preparing network interfaces based on configuration...
    default: Adapter 1: nat
==> default: Forwarding ports...
    default: 22 (guest) => 2222 (host) (adapter 1)
==> default: Running 'pre-boot' VM customizations...
==> default: Booting VM...
==> default: Waiting for machine to boot. This may take a few minutes..
    default: SSH address: 127.0.0.1:2222
    default: SSH username: vagrant
    default: SSH auth method: private key
    default:
    default: Vagrant insecure key detected. Vagrant will automatically
    default: this with a newly generated keypair for better security.
    default:
    default: Inserting generated public key within guest...
    default: Removing insecure key from the guest if it's present...
    default: Key inserted! Disconnecting and reconnecting using new SSH
==> default: Machine booted and ready!
==> default: Checking for guest additions in VM...
==> default: Mounting shared folders...
    default: /vagrant => C:/Users/<ユーザー名>/VirtualBox VMs/CentOS7.x


VMに接続する

sshで接続できる。

デフォルトでは

IP   127.0.0.1
post 2222

ID、PASSはデフォルト

ID   vagrant
PASS vagrant

になっている。


vagrantを終了する

ホスト側で以下のコマンドを実行する。

PS> vagrant halt
==> default: Attempting graceful shutdown of VM...