読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

takafumi blog

日々の勉強メモ

【Node.js】【npm】 npm コマンド超基本

環境   CentOS 7.0 JavaScript Node.js 0.12.2 npm 2.7.4


インストール

  • npm自体のインストール

nodeをインストールすると、自動でインストールされる。

  • npm install <モジュール名>

ローカルインストール

現在のディレクトリ直下のnpmプロジェクト内に./node_modulesディレクトリを作成し、モジュールをインストールする。

  • npm install -g <モジュール名>

グローバルインストール

マシン全体で共有されるモジュール。
標準設定のままnpmをインストールしていれば、/usr/local/node_modules/以下にモジュールがインストールされる。

  • npm install (-g) <モジュール名> --save

通常のinstall + 現在のプロジェクトのpackage.jsonにモジュールの依存関係を書き出す。
すでにinstallした状態で実行しても、package.jsonに依存関係が追加される。

マシン上グローバルにあるモジュールを、package.jsonに書き出す必要がある場合も使用。

  • npm install

package.jsonのあるプロジェクト内で実行すると、package.jsonに書かれた依存性のあるモジュールを全てinstallする。

何かのプロジェクトをGitHubからcloneした場合や、express-genelatorなどで雛形を作成した場合に必要なモジュールをインストールすつのに使用できる。


アンインストール

  • `npm remove (-g) <モジュール名> (--save)

モジュールをアンインストールする。
--saveを使うとpackage.jsonから依存性を削除する事ができる。


その他
  • npm ls (-g)

現在のプロジェクト(グローバルなプロジェクト)にあるモジュールを表示する。

  • npm help <cmd> (-l)

コマンドのヘルプを表示。
-lをつけると全ての内容を表示する。

  • npm view <モジュール名>

モジュールのpackage.jsonを表示する。


Node.jsの練習がてら作ってみた

github.com