読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

takafumi blog

日々の勉強メモ

CentOS7.0にNode.js最新版をインストール

環境   CentOS 7.0 Node.js 0.12.2

【追記2】

いまどきはNVMとかnodebrewを使うのがメジャーらしい。

【追記】

Node.jsとio.jsの統合で、Node.jsのバージョン表記が変わりました。

最新版は、
https://nodejs.org/en/download/stable/
を確認してください。

2016/1/4時点ではstable 5.3.0です。



javascriptをちょっと動かすために、いちいちapache動かして、ブラウザ開いて~みたいなのが面倒。
なのでサーバーサイドjavascript、Node.jsをインストールしてみる。

yumでインストール
$ yum install nodejs --enablerepo=epel

これだけ。非常に手軽。
しかし結構バージョンは古い。

■最新版をソースからインストール

g++が入っていない場合はインストールしておく

$ yum install gcc-c++
$ wget http://nodejs.org/dist/v0.12.2/node-v0.12.2.tar.gz
$ tar xvf node-v0.12.2.tar.gz
$ rm node-v0.12.2.tar.gz
$ cd node-v0.12.2
$ ./configure
$ make 
$ make install

バージョン

$ node -v
v0.12.2

アンインストールは

$ make uninsatll
■最新版をバイナリからインストール

本家にバイナリがある。管理をきちんとできるならあり。

$ wget http://nodejs.org/dist/v0.12.2/node-v0.12.2-linux-x64.tar.gz
$ tar xvf node-v0.12.2-linux-x64.tar.gz
$ rm node-v0.12.2-linux-x64.tar.gz

node-v0.12.2-linux-x64/bin
にパスを通すか、パスの通っている場所にシムリンクを貼る。

バージョン

$ node -v
v0.12.2

アンインストールは設置したファイルを全部削除

Hello Worldしてみる
$ node
> var str = 'Hello World';
> console.log(str);
Hello World



【参考】
qiita.com