読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

takafumi blog

日々の勉強メモ

Scala 2.9.2をyumでインストール

環境   CentOS 7.0 Scala 2.9.2

Scalaを始めようと思い立ったので、typesafe-stackインストール。
TypesafeStackとは、Scalaなどの最新ソフトウェアプラットフォーム。

まず
Typesafe Yum Repository
にあるリポジトリをインストール。

$ cd /usr/src/redhat/RPMS
$ wget http://rpm.typesafe.com/typesafe-repo-2.0.0-1.noarch.rpm
$ rpm -ivh typesafe-repo-2.0.0-1.noarch.rpm

そしてインストール

$ yum install typesafe-stack

確認

$ scala -version
Scala code runner version 2.9.2 -- Copyright 2002-2011, LAMP/EPFL
$ scala
Welcome to Scala version 2.9.2 (Java HotSpot(TM) 64-Bit Server VM, Java 1.8.0_40).
Type in expressions to have them evaluated.
Type :help for more information.

バージョンはちょっと古い(2015/4/15時点で最新版は2.11.6)

REPLも起動します。
ちなみにREPLとは
Scalaプログラミング入門

Scala REPLの起動方法を説明する.
REPLはRead Eval Print Loopの省略で,Scalaを対話的に利用するプログラムである.
REPLに入力した文は,コンパイルされてから実行されているため, 正確にはインタープリタではない.

だそうです。

またREPLを起動すると

$ java -version
java version "1.8.0_40"
$ scala -version
Scala code runner version 2.9.2 -- Copyright 2002-2011, LAMP/EPFL

scala> [init] error: error while loading AnnotatedElement, class file '/usr/java/jdk1.8.0_40/jre/lib/rt.jar(java/lang/reflect/AnnotatedElement.class)' is broken
(bad constant pool tag 15 at byte 2713)

とエラーが出るのは、javascalaのバージョン問題の模様。
stackoverflow.com/questions/24517761/scala-repl-throws-errorjava - Scala repl throws error - Stack Overflow

scalaの最新版を入れるには、ソースインストールか・・・
どうするかな。