読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

takafumi blog

日々の勉強メモ

Git入門 その13 / git status

環境   git version 1.8.3.1

■ git status

ローカルリポジトリとステージングエリア、ローカルディレクトリの状態を表示する。

# ファイルを追加
$ echo hoge > hoge.txt
$ git add hoge.txt
# ファイルを変更
$ echo fugafuga > fuga.txt
# 状態の確認
$ git staus 
 # On branch master
 # Changes to be committed:
 #   (use "git reset HEAD <file>..." to unstage)
 #
 #       new file:   hoge.txt
 #
 # Changes not staged for commit:
 #   (use "git add <file>..." to update what will be committed)
 #   (use "git checkout -- <file>..." to discard changes in working directory)
 #
 #       modified:   fuga.txt
 #

# 変更状態だけ表示
$ git staus -s
 M fuga.txt
A  hoge.txt

# ブランチも表示
$ git status -s -b
## master
 M fuga.txt
A  hoge.txt

"git status -s"のステータスコードは以下の意味を表し、1文字目がステージングエリア、2文字目はローカルディレクトリを示す。

ステータスコード 意味
(空白) 身変更
A 追加
M 変更
D 削除
R リネーム
C コピー
U 未マージの変更
? 未追跡(一度もステージングに追加されていない)

例えば

# 当たらしくファイルを追加すると
$ touch newfile
$ git status -s
?? newfile

# git addすると
$ git add newfile
$ git status -s
A  newfile

# git commitすると表示されなくなる
$ git commit -m "add newfile"
$ git status -s
$

# 変更すると
$ echo change > newfile
$ git status -s
 M newfile

# git addで追加すると
$ git add newfile
$ git status -s 
M  newfile

となる


takafumi-s.hatenablog.com