読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

takafumi blog

日々の勉強メモ

CentOS7とepelリポジトリ

環境   CentOS7.0

CentOS7は標準リポジトリにepelリポジトリがある模様。
なので

$ yum install epel-release

でOK。

enabledは0にして、使うときは個別指定するのがお勧め。

$ diff -u /etc/yum.repos.d/epel.repo.ORI /etc/yum.repos.d/epel.repo
--- /etc/yum.repos.d/epel.repo.ORI      2014-11-26 01:23:49.000000000 +0900
+++ /etc/yum.repos.d/epel.repo  2015-03-06 07:22:15.554881619 +0900
@@ -3,7 +3,7 @@
 #baseurl=http://download.fedoraproject.org/pub/epel/7/$basearch
 mirrorlist=https://mirrors.fedoraproject.org/metalink?repo=epel-7&arch=$basearch
 failovermethod=priority
-enabled=1
+enabled=0
 gpgcheck=1
 gpgkey=file:///etc/pki/rpm-gpg/RPM-GPG-KEY-EPEL-7

使うときは

$ yum --enablerepo=epel list

ちなみにgit,tmuxなんかも標準から入れられる。
今までepelから入れていたものも結構標準化されているので、インストール時は要確認。